韓国旅行注意

2011年11月13日 19:52

韓国旅行注意

韓国旅行注意、知っておくと得する!

韓国旅行注意と書きましたが、韓国は意外と治安が良くて、夜遅く歩いても安心です。
でも、韓国旅行注意と書いても、知っておいて得すること、知らないと損することがあると思います。
ここからは、韓国に滞在する上で,‘知っておくと良いこと’と‘知っておくべきこと’を掲載するつもりです。
ガイドブックに載っていることとダブるかもしれませんが,そうだとしたら,それぐらい気をつけるべきことと思って。
韓国旅行注意!で一つ、私が経験したことですが、ホテルの部屋を決める時、確認しない解けないものです。
最近、日本のホテルもそうですが、禁煙部屋、喫煙部屋がはっきり分かれています。
予約の際に確認しておくと、便利です。
実はツアーで韓国旅行をしましたが、空港でトラブルがあって、遅く出てきたら、ツアーのバスなし!
挙句、リムジンを乗って、ホテルに着いたが、ホテルの部屋は添乗員さんの意思で禁煙部屋でした。
フロントへ電話して、喫煙部屋へ変更してもらいましたが、翌日、時間を延長したかったが、予約満室で延長不可。
ホテルで延長したいと思う時は出発前に確認するのも韓国旅行の注意事項です。

韓国旅行注意!両替

海外旅行、韓国旅行をすると現地のお金が必要です。
大抵、空港の銀行を利用しますが、為替レートを確認して、南大門などなると両替場所が並んでいます。
銀行で両替するよりは少し、得する場合もあります。
でも、為替レートが下がると損する場合もありますので、個人の判断に任せます。

韓国旅行注意!両替 
韓国旅行注意!両替

2011年10月25日から27日なで韓国へ行ったのですが、着いた日は1万円が138,000ウォンでしたが、翌日は1万円を48,400ウォンで両替しました。
幸運を願います。

韓国旅行注意!態度・言動

日韓関係-それは友好と反目の繰り返し。
日本側の「妄言」に対して,韓国側の「反日」。
そして,それが生み出す日本側の「嫌韓」…。
歴史上、反日教育を受けてきたことが土台にあって,しかし,友好的な韓国人と,反日感情はなく,しかし,立場上,反日的言動をしなければならない韓国人とが存在し, その結果,「友好」と「反日」の間を大きく揺れ動く国。
それが韓国ではないでしょうか。

韓国旅行注意!態度・言動 

韓国旅行注意!態度・言動

前置きが長くなりましたが,日本人として注意すべきことは,少なくとも次の2点です。
1.大声で日本語を話さない。
今でも「日本語を話すな!」「日本に帰れ!」と罵声を浴びることが,稀にとはいえあるようです。
まったく経験したことはありませんが。
2.「バカ」という言葉を使わない。
「チョーセン人」と並んで「バカ」は,植民地統治時代(韓国では‘日帝時代(イルチェシデ)’と言います)の
日本人が韓国人を侮蔑する言葉として認知されているようです。
日本人同士の会話の中で“バカだなあ,お前”とか“今日はバカに暑いな”と使うことも避けだほうがよいと思います。
そりゃあそうですよね。
韓国人にしてみれば前後の文脈で理解することはできないのですから。
逆に韓国人が日本人を侮蔑する時に使うのが‘ウェノム(漢字では倭奴)’や‘チョッパリ(豚の足の意味)’です。
そんな大袈裟な。と思われるかもしれませんが,用心するに越したことはありません。
楽しい思い出を作ることが自分にとっての最大の目的。
無事に帰って来ることが家族にとっての最高のお土産。
忘れないで!

韓国旅行注意!箸とスプーン

韓国ではごはんは普通,ふた付きの金属の器に入っています。
そして,この器をテーブルに置いたまま(持ち上げないように)スプーン(スッカラク)で食べます。

韓国旅行注意!箸とスプーン 

韓国旅行注意!箸とスプーン

箸(チョッカラク)はキムチやカルビをつまむ時には使いますが,汁物の具をつまむ時には使いません。
日本の食道では、主にお箸は木でくくられた割り箸になりますが、韓国は金属製の箸になりますので、結構、重みがあり滑ります。
最近、食道に入って、割り箸を頼むと持って来てくれる食道も増えています。

韓国旅行注意!焼肉にごはんはついていない

‘カルビ’や‘プルコギ’などの焼肉類にはごはんがついていません。
ご飯が欲しい時は別注になりますので、ご注意を!
そして,注文すると“アンジュ?シクサ?(酒のつまみ?食事?)”と聞かれます。
あるいは“ソジュ?メクチュ?パプ?(焼酎?ビール?ごはん?)”と聞かれるかもしれません。
目的に応じて注文してください。

韓国旅行注意!焼肉にごはんはついていない 
韓国旅行注意!焼肉にごはんはついていない

なお,ごはんを頼むとチゲがついてきますが,2・3人で行ってもチゲは1つしか出ません。
また,焼肉類は通常2人前からのオーダーになります。
もちろん,メニューの値段は1人分のものです。
旅行に行くと気が小さくなることが多いので、聞きづらいこともありますが、値段の確認は必要です。

韓国旅行注意!食堂の水は安心

外国で生水を飲まない(飲めない)のは常識ですね。
地域によってはレストランの水,そして氷もヤバイ所がありますが, 韓国では基本的にミネラルウォーター,または沸かして作ったお茶を冷やしたものが出ます。

韓国旅行注意!食堂の水は安心 
韓国旅行注意!食堂の水は安心

以前は,うすく茶色あるいは黄色がかったポリ茶(麦茶)やオクスス茶(トウモロコシ茶:甘みがあって不思議な味)を 冷ました(冷やした,ではなく)ものが出されて,その色とぬるさが心配性の日本人を悩ませたものでした。

韓国旅行注意!トイレ

たいていのガイドブックに載っていますが,紙はトイレに流さないこと。
新しい建物では改善されてきているとは思うのですが,排水パイプが細いために詰まっりやすいです。

韓国旅行注意!トイレ 
韓国旅行注意!トイレ

じゃあ,どうするか。
備え付けのクズカゴに入れてください。
トイレによってはトイレペーパーが着いてない場所もたまにありますので、持って歩いた方が安心かも!

韓国旅行注意!車は右側通行

道を横切る時に気をつけてください。
日本人はまず右側に注意を向けますが,韓国では車は左から来ます。
また,韓国の歩行者用信号は青になったと思うとすぐに点滅を始めます。
でも,あわてなくてOK。

韓国旅行注意!車は右側通行 
韓国旅行注意!車は右側通行

これは点滅が始まってから渡ると渡り切れないよ,と知らせているものなのです。
なので,点滅時間は結構長いです。
それよりも困るのは故障した信号を時折見かけること。
“ずっと赤のままじゃん”とか“ついていないよー”とか。
そして,何より知っておくべきは‘韓国ではクルマ優先’であること。
歩行者保護の意識は皆無であるとしか思えません。
みなさん,気をつけて!

韓国旅行注意!タクシー

ドアの開閉は自分ですること。
まず,気をつけるべきことはこれ。
そして,‘相乗り(ハプスン)’があること。
でも,このハプスンって経験したことはありません。
タクシーには‘模範タクシー(モボムテクシ)’と‘一般タクシー(イルバンテクシ)’の2種類があります。
詳細にいうと‘一般タクシー(イルバンテクシ)’は個人タクシーと会社のタクシーがあります。
モボムテクシはブラックボディーにゴールドの帯が目印。

韓国旅行注意!タクシー 
韓国旅行注意!タクシー

‘一般タクシー(イルバンテクシ)’より高い(それでも日本にくらべれば安い)けれど,ハプスンはなし。
そして,ぼったくりの心配はほぼなし。
全部ではないけれど日本語あるいは英語がOK,または同時通訳システムが広がりつつあるそうで。
とにかく安心なので海外旅行の不安を持っているみなさんは‘模範タクシー(モボムテクシ)’を利用しましょう!
ただし,終電後のソウル中心部はタクシー争奪戦だそうで。
そんな時は,覚悟を決めて‘一般タクシー(イルバンテクシ)’を利用するしかないかも。
最近はコールタクシーもあるそうで、‘模範タクシー(モボムテクシ)’よりは安いけど、道端で拾うタクシーよりは多少高いそうです。

韓国旅行注意!電源

‘電圧’と‘プラグ形状’に注意。
電圧は110Vと220Vの2種類があります。
持って行く電気製品に100V-240Vの表示があればOK。
なければ,変圧器が必要。

韓国旅行注意!電源 
韓国旅行注意!電源

プラグは110Vならば日本と同じ形状。
220Vならばアダプターが必要。
海外旅行用品店で購入しておきたいけれど,たぶん空港で買えるでしょう。
ロッテホテルの場合は、ヘアードライヤーは備えておりました。
携帯電話の充電も可能でした。

韓国旅行注意!クレジットカード

アングラマネー追放を目指して,政府がクレジットカードの使用を奨励したため,かなり使えます。
クレジットカードのポイントを貯めている人や,マイレージプログラム提携クレジットカードを持っている人は どんどん使って,どんどんポイント・マイルを貯めちゃってください。
クレジットカード のご利用は計画的に。
コンビニではたいてい使えるし,旅館(ヨグァン)も地方でも使えます。
けれど,外国発行カードの扱いに慣れていない店員だとNGの場合も。

韓国旅行注意!クレジットカード 
韓国旅行注意!クレジットカード

デパートや免税店では当然使えます。
以前、フランスに行った時はJCBの事務所があって、大変便利だったです。
言葉が通じない海外で、JCBのカウンターはとても役に立ちました。
韓国もJCBカウンターのようなものがあれば良いなと思いましたが、最近、ツアーの航空券が安い場合が多いので、ホテルのHISカウンターなどを利用するのもOK.
HISで当日予約は難しいので、見たいものや行きたい場所がある場合は出発前に予約を入れておくと便利です。

韓国旅行注意!時間

韓国と日本は時差がない。
それは、当然です。
韓国の標準時間は東京が標準になりますので…

韓国旅行注意!時間 
韓国旅行注意!時間

現地に到着しても時計を直す必要もないし、最近の携帯電話はローミングが自動ですので、とても安心です。
他のメンバーとの待ち合わせ時刻や夕刻からのオプショナルツアーの集合時刻にはご注意を!

韓国旅行注意!タバコ

以前と違い,韓国でもずいぶんタバコに対する規制が進んできています。
公共の場での禁煙はもう常識です。
長距離列車も禁煙になってしまいました。

韓国旅行注意!タバコ 
韓国旅行注意!タバコ

デッキでも吸えません。
ホテルのロビーも禁煙。
スモーカーは次の言葉を覚えておきましょう。

喫煙者に役立つ韓国語

ヨギ クミョン?( ここ,禁煙ですか?)
ネー     (はい。)
アーニョ(アニエヨ) ( いいえ。)

食堂(シクタン)では禁煙になっている所が増えています。
禁煙でもないのに、なぜかテーブルの上には灰皿が置かれていない所が多いんです。
レジの近くなんかにまとめて置いてあるので,見つけたら勝手に持っていっても良いです。
見当たらなければ,店のアジュマ(おばちゃん)にこう言いましょう。
アジュマー チェットリ チュセヨ( おばちゃーん,灰皿ちょうだい。)
禁煙でなければ“ネー”という返事が返ってきて,灰皿が出てくるはずです。

韓国旅行注意!レジ袋

韓国でもエコーバッグが流行っています。
それはレジ袋が有料になっている場所が増えたからです。

韓国旅行注意!レジ袋 
韓国旅行注意!レジ袋

マイバッグ、エコーバッグを心かけましょう。
でも、スーパーマーケットの限ります。

韓国旅行注意!写真撮影

空港・港湾・海岸・橋・地下街・地下鉄構内・高い所から見下ろすような場所…
とにかく,有事の際に攻撃目標や敵の上陸場所,国民の避難場所になるような所では, 撮影禁止になっています。
ただ,最近はスナップ程度ならばOKだったり,近くの警察官に尋ねると“No problem”だったり。
確実なのは,やっぱり警察官・警備員・係員などに尋ねること。

韓国旅行注意!写真撮影 
韓国旅行注意!写真撮影

周りに撮影禁止の表示が出ているかを確認すべし!
また,撮るときには,いかにも写真を撮っています!と堂々と撮影しましょう。
形式上とは言え,韓国は戦時体制下なのです(朝鮮戦争は終わってないのです!)。
不審な行動とみなされて警察へ連行なんて…ひえーっ。
もちろん,文化財保護や信仰上の問題で撮影禁止になっている所もあります。

韓国旅行注意!DVD

韓流ドラマ・映画にはまっているみなさん。
この機会に韓国ドラマ・映画のDVDを買おうと考えているかもしれません。
日本じゃ高いですから。
しかし,‘リージョナルコード’にご注意を。
日本のリージョナルコードは‘2’,対して韓国は‘3’です。
なので,‘3’となっている場合,基本的に日本では再生できません。
‘ALL’となっていれば日本でも再生できます。
ソウル中心部の日本人も多く利用するCDショップでは, 日本で再生可能なタイトルの一覧表を日本語で貼り出してくれています。
それから,ビデオCD(VCD)にもご注意!

韓国旅行注意!DVD 
韓国旅行注意!DVD

DVDっぽいパッケージで売られていますので,買う時によく確認を。
‘DVD画質’と書いてありますが,VCDはDVDではありません。
DVDと比べると当然画質は劣ります。
地下鉄駅のホームの売店などでも‘4000ウォン’なんていう値段で販売されていますし, 帰りの仁川国際空港のCDショップでも売っています。
やっぱり韓国ってDVDも安いんだなあ,なんて勘違いをなさいませぬように。
買い物をする時は、交換する時間もないので、買う時注意をすべきです。

ここまで、韓国旅行注意事項を何個か自分の韓国旅行に照らして書いてみましたが、少し役に立ちましたか?
韓国旅行、最近は日本国内旅行より安い旅行商品も多いので、一度、勇気を持って、一人旅は如何ですか?



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://journey0709.blog84.fc2.com/tb.php/18-28d89fb7
    この記事へのトラックバック